みみなし学級の活動日記
mimigaku.exblog.jp

私たちは奈良の耳成で地域について勉強したり、活動をしています。この日誌で、みなさんも耳成の地域について、何かを感じ取っていただけたら、と思います。
耳成地域学級HPはコチラ
みみなし学級
http://miminashi.iinaa.net

メンバー紹介や
活動報告など
カテゴリ
以前の記事
検索
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
みみなし地域学習11月度開催
11月度の学級会は11月24日(火)午後1時から耳成地域公民館で「邪馬台国を探そう」との課題で東谷吉隆先生のご講義を聞く。
大昔の日本のことを考えてみませんか。昔、女王で卑弥呼が治めていた「邪馬台国」が存在したと言われ、その遺跡が奈良県下で箸墓古墳に次いで纏向遺跡が脚光を浴びています。
邪馬台国は何処。今、九州説と畿内説の有力二説がある中で東谷先生は多年のご研究の幾多の検証事実を踏まえてのお話しが、ご用意いただいた克明にして緻密、且つ、多面な資料に基づいて、史実記載の「魏志倭人伝」に沿っての講義が始まった。
学級生の悉くは倭の国(九州)と大倭の国(本州と四国)の当時を偲ぶに足る地理資料に熱心に傾注しつつ史実を追ってゆく。飛行機の時代ではない。難航苦行の足取りの陸行に東西南北あり、水行、渡海という言葉に従って資料地図を丹念に押さえうなずく学級生。東谷先生は結び言葉に、さて、近畿か、九州か。皆さん、夢の課題として関心をお持ち下さいと。予定の午後3時に閉講する。12月度の学級会の予定について仲川学級長から説明あり。(末吉)
[PR]
by miminashigakkyuu | 2009-11-29 22:35