みみなし学級の活動日記
mimigaku.exblog.jp

私たちは奈良の耳成で地域について勉強したり、活動をしています。この日誌で、みなさんも耳成の地域について、何かを感じ取っていただけたら、と思います。
耳成地域学級HPはコチラ
みみなし学級
http://miminashi.iinaa.net

メンバー紹介や
活動報告など
カテゴリ
以前の記事
検索
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2008年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧
<山彦>リレー投稿「塚」について
以前に寺川堤にある壮大にして大なる二本の落葉高木の名前を問われていた。
日々散歩する堤にあって私自身もかなりの樹齢を持った樹に関心を持っていて、早速に旧村の中村の方にお伺いして以来、この樹に興味を寄せています。この樹の芽生えは美しいと聞きました。確かにこの数日の生きざまは見事でした。
 この度はh&dさんより、これは何の「塚」でしょうの課題が投稿されました。このあたりも私の60分の散歩道でして、早速にお訪ねをしました。私は咄嗟に「祠」と呼びましたが、「塚」との表現の方が正しいと知りました。「塚」とは土を小高く盛ったところ。一里塚。また、土を小高く盛って築いた墓で、石材で作った「塚」は墓のことを言います。
 無縁なお墓ではない。今朝立ち寄りましたところ、当たりが清く掃き澄まされていて、美しいお花が供えられていました。手水鉢があり、お線香立てがあり、墓石は高さ40センチ、横20センチばかりと思います。文字の刻みがありますが読みづらい有様です。
 弔うものか,祈願のものか、持主の方のご記憶にもないようで相当に古い事跡のように思われます。お地蔵さんのように世の中や、人々の安泰安全を守護くださるものとして大切に致したいと思いました。(末吉)
[PR]
by miminashigakkyuu | 2008-04-14 10:06 | 日常のこと
???・・・の「塚」
ご存知でしょうか・・・。葛本神社東側の田圃の中に「」(写真)があります。
石塔には、いつも花が供えられて丁重にお祀りしている様子から由緒ある塚かと思い、
田圃の所有者である吉村 博さん宅で、塚の由緒について伺いました。しかし、吉村さん宅では
塚のお祀りは、先祖からの習わしで続けていること以外,手掛かりを得ることはできませんでした。念のため、近所の人や近くの浄教寺の住職さんにも尋ねてみましたが、ここでも塚のことについて知っている人を見つけることができませんでした。
塚は、田圃の中で壊されずに残っていることや、以前は近所の人たちもお参りしていた、ということから、地元に所縁のある仏様が祀られているものと思われます。
この付近には、葛本見門遺跡があったと言われており、古に思いを馳せて、想像を逞しくさせる
ミステリアスな「塚」です。h&d
                                         
                                                c0159535_1658247.jpg
[PR]
by miminashigakkyuu | 2008-04-07 16:58 | 日常のこと
桜と土筆
リレー投稿順番のPAPIyamadaです。

みみなし地域の東北端橿原市と田原本町の境界に流れる寺川の支流(かがり川と言うそうです)の土手沿い約500M の桜が見事です。ここから南に十市の里が開け耳成山が見えます
この景色が大好きです。ぜひ見てください。また散歩の帰りに寺川の土手に土筆がいっぱい、大収獲でしたが後の袴とりが大変。
c0159535_10264921.jpg
c0159535_10283329.jpg
c0159535_10285416.jpg

[PR]
by miminashigakkyuu | 2008-04-03 10:33 | みどころ