みみなし学級の活動日記
mimigaku.exblog.jp

私たちは奈良の耳成で地域について勉強したり、活動をしています。この日誌で、みなさんも耳成の地域について、何かを感じ取っていただけたら、と思います。
耳成地域学級HPはコチラ
みみなし学級
http://miminashi.iinaa.net

メンバー紹介や
活動報告など
カテゴリ
以前の記事
検索
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2009年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧
ごめん、おことわり。
さきに投稿いたしました「トルコギキョウ」の感想は末吉榮三が致しました。
その中で取り上げました歌二首のうち、次の歌に誤りがあり、訂正を致します。
「きちかうのむらさきの花萎む時わが身は愛しとおもふかなしみ」
斉藤茂吉さんの歌です。ごめん、おことわりまで。(末吉)
[PR]
by miminashigakkyuu | 2009-07-18 12:32
ありがとう。可憐な花姿に気品と愛を観る。
M,Yさんのご投稿で美しいお花を見せて下さって、この蒸し暑さからしばし逃れる気分になりました。ありがとうございました。
花の名前には、色々な呼び方があるので、さて、「トルコキキョウ」とは、と探してみました。
「トルコギキョウ」という名前を見つけました。切花として人々に愛され、愛しむ気持ちを寄せる花であると説かれ、「桔梗」という呼び方をしているが、「トルコギキョウ」は「キキョウ科」ではなく、「リンドウ科」に属する花であると説明が続きます。
「桔梗」は漢名で古来「キチコウ」と読まれて、今も俳句の世界では「きちこう」が生きているようです。「キキョウ」は「きちこう」の転化した呼び方と述べています。
こんな歌に触れました。
     「童どちわろび戯れ一つだに咲けば摘みとる桔梗の花」
     「きちくのむらさきの花萎む時わが身は愛しとおもふかなしみ」
富田都吉さん有難うございました。これからも色々なことを教えて下さい。感謝しつつ。
                                       
[PR]
by miminashigakkyuu | 2009-07-18 12:00
冨田さんのトルコキキョウ
c0159535_9445967.jpgMYです
新しい学級生のパソコン講座も終わり7人のメンバー紹介や新たな書き込みが沢山あります。
他の学級生も負けずに書き込んでください。
さて、
新学級生の冨田都吉さんから見事なトルコキキョウを頂きました。
冨田さんは十市町の貸農園でトルコキキョウを中心にたくさんの花を育てておられます。
この花の栽培は大変難しいと聞いていますが、冨田さんは丹精込めて育てられ素晴らしい花が咲きました。
関心のある方は冨田さんにぜひお聞きください。c0159535_9411256.jpg
[PR]
by miminashigakkyuu | 2009-07-13 09:46 | 連絡