みみなし学級の活動日記
mimigaku.exblog.jp

私たちは奈良の耳成で地域について勉強したり、活動をしています。この日誌で、みなさんも耳成の地域について、何かを感じ取っていただけたら、と思います。
耳成地域学級HPはコチラ
みみなし学級
http://miminashi.iinaa.net

メンバー紹介や
活動報告など
カテゴリ
以前の記事
検索
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
暦法について
年の呼び方には2011年。平成23年。辛卯(かのとう・しんぼう)の年と、今はあまり使わないが皇紀での呼び方もある。
辛卯はあまり日常的には用いないが、年賀状の年号記載に、また、年度暦本には必ず記載されている。「辛卯」は、今年の干支表現である。この干支表現の読み方は、大概、大人も子供も読みづらい品物である。
古来、動物を人間生活と親しい関係で用いる習慣が古く中国にあり、わが国の推古天皇の御世に百済(くだら)からわが国への文化の移入とともに摂取されて、今も暦や方位や時刻を呼ぶのに必要な知識として存在する。
例えば、今年の「辛卯」は十干と十二支を組み合わせて作られた古代中国での序数の知識に基づいて創作された60の周期が年暦として定められ、「甲子」(きのえね)から始まって「発亥」(みずのとい)で終わり、今年の干支は、その28番めに位置している。60の周期を終えるのを以って「還暦」という意味がそこにある。また、高校野球で沸く甲子園球場の「甲子」の名は、球場の竣工落成した年の暦号をもって命名したと聞く。
 さて、この干支の組み合わせ、また、方位と時刻の定めに用いた「子」から始まっての「亥」に至る配分はすべてその基本を中国古代に生まれた序数の理をふまえている。春秋の万物の自然の推移を掌るのに五つの元素があるとされ、この気を「木」「火」「土」「金」「水」と呼ばれ、その五つの気に「甲」と「乙」は木に属し、「丙」と「丁」とが火に属し、「戌」と「己」とが土に属し、「庚」と「辛」とが金に属し、「壬」と「癸」とが水に属して十干が生まれる。そうして、十干を陽(兄)と陰(弟)とに分けて、「甲」を「きのえ」と呼び、「乙」を「きのと」と呼び、十二支と組み合わせて60個の干支が生まれる。
方位は北の位置に十二支の「子」を置いて、右回りに「亥」までを等分に配った。従って「東」は「卯」の位置に、「南」は「午」の位置に、「西」は「酉」の位置になる。
時の刻みは真夜中に「子」を置き、1日を12時(とき)に分けて、更に1時を4刻に分けて定められている。
来年は何の年ですか。壬辰(みずのえたつ・じんしん)の年です。辰(竜・龍)の年です。
(末吉榮三学級生)
[PR]
# by miminashigakkyuu | 2011-12-12 14:16 | 日常のこと
烏兎匆々(うとそうそう)
 便り文のあとに乱筆乱文、走り書きをお許しくださいという気持ちで「早々」「匆々」を謙譲用語として用います。
 今年は卯の歳であるので兎に因んだ言葉をと飛び跳ね、そうして、「烏兎匆々」に出会いました。意味は便りの挨拶用語以外に「光陰矢の如し」と同義に用いられます。
 それは、中国に伝わる昔ばなしに、太陽には烏が棲み、月には兎が居て、ともに、その飛び走る様相には神秘を覚え、烏飛兎走とも言われました。烏は真っ黒で三本足のカラスであり、兎は真っ白で遠くを悟る耳をもち、行動の早さには感動を呼び、烏を金烏(きんう)といい、兎を玉兎(ぎょくと)と呼ばれ、崇敬の的になり、月日の過ぎゆくの早きに譬えられました。
 
 想うに、今年も早や「立春」を迎え、ついこの間、紅白の歌を楽しみ、除夜の鐘をおくり、辛卯元旦を迎えたばかりなのにと驚く始末です。まさに、光陰矢の如しであり、烏兎匆々を感じます。歳月は人を待たずとも言い、「少年老いやすく、学成り難し、一寸の光陰軽んずべからず」の朱子の言葉を思います。
 ここで言う「少年」とは、年齢的な限定でみるのではなく、人は人生という道程にあって、常に希望という抱負と決意を抱きます。その節目に立つ姿を指してよいと思います。
 ところが、その大志が道半ばにして終わり後悔を三たびするの経験は少なくはありません。

 今、日本人の寿命平均が男子が79,59歳、女性が86,44歳と長生きの時代になりました。ここに、社会教育の一斑として生涯教育の必要が生まれました。この「みみなし地域学級」もその一つです。「思い立ったが吉日」と、烏兎匆々の戒めに生きたいと思います。
                            (学級生  末 吉 榮 三)
[PR]
# by miminashigakkyuu | 2011-02-05 09:50
平成22年度地域学級開講式開催・6月度学級会予告
6月5日(土)かしはら万葉ホール研修室2に於いて午前9時30分に開講。研修演題として帝塚山大學大学院教授、中川幾郎先生から「生涯学習とまちづくり」について拝聴し研修を深める。共同性と自律性の涵養を図り、面識的共同社会の中で自分自身を発見し、確認することの課題解決が大事であると述べられ、自己願望の確認、自己測定、鏡映自己の追及への怠りのない努力が必要課題であると結ばれた。要するに自己の整備をふまえ、社会参画を試み、集団との協働の推進をサイクル化することをの必要を学んだ。
「みみなし地域学級」は、今年度の第1回研修(6月度学級会)として、6月18日(金)、テーマを「地域内の施設を学ぶ」と掲げ、「橿原消防署」を訪ねて「消防等に関する体験学習」を行う。当日は近鉄大和八木駅に午後1時に集合との連絡を受ける。(事務局)
[PR]
# by miminashigakkyuu | 2010-06-15 13:28
縁起物・・・!!??
うちの畑でとれたミロのビーナスならぬ大根のビーナスです。
新年早々、女神?の出現は、何かいいことの兆しかなぁ。何にでもすがりたい心境で、早く世の中に、明るさと活気が戻り、未来に希望が持てるような社会になってほしい、と願うばかりです。そして、このところの厳しい寒さに劣らないくらい寒々している我輩の懐も、ホッコリ温まってくれないかなぁ・・・とちょっぴり虫の良いことも思っているこの頃です。  t&d037.gif
c0159535_17353963.jpg

[PR]
# by miminashigakkyuu | 2010-01-06 17:43 | 日常のこと
新賀電飾世弊を医す
みみなし地域学習でお世話をいただく学級長さんのお宅の電飾模様とは知らなかった。
歳歳年年、24号国道を往来(ゆきき)するたびに、「ああ、きれい」の歓声にバスの車内が明るく、クリスマスの足音が近づくを覚える。そうして、年ごとに、ことしの飾りはと大きな期待と夢が走る。加えて、世の疲弊を医やすに足るものを覚える。
今は、その仲川邸のイルミネーションは、まさに、ひろく新賀の華であり、中国の古書、史記にみる「桃李成蹊」の諭しに通うを知る。
新たに春を賀する年は、その干支は庚寅(かのえとら)である。虎は獰猛な獣ではあるが、情愛の深いことで知られる。「虎は千里を行って千里を帰る」という。虎はわが子を思って千里を帰ると同じ意味である。とって置きの金品のことを「虎の子」と言う。(末吉)
[PR]
# by miminashigakkyuu | 2009-12-19 11:42